起活レポ「スタハMeetup! 起業の選択肢」2018.1.31

  • 2018.2.1

起活会会員の八並さんからイベントレポートを寄稿していただきました!


イベントタイトル:「スタハMeetup! 起業の選択肢」
案内HP:https://ja.eventbu.com/chiyoda-ku/meetup-1st-anniversary/9128364
 日時:2018.01.31  19時~21時30分
 場所:TOKYO創業ステーション/スタートアップハブ東京
 (2017年1月27日オープン。利用メンバー1万人突破を記念して。)
参加費:1,000円(交流会込)
本日の目的:繋がること
 参加者:約80人

登壇者

社内起業家:株式会社ガイアックス /家庭料理カフェ&ケータリング 荒井氏

コンセプト:忙しい人にこそ家庭料理を!
理念:やさしさが連鎖する経済圏をつくる
イノベーションは辺境から生まれる。
「自由大学」の学びにて、起業のきっかけができる。
https://freedom-univ.com/
仲間集めは、自分の価値創造をつくってくれた人に会いに行った。学生友達やバイト先などなど。で初期チームのメンバーを見つけることが出来た。

兼業起業家:日本オラクル/ジョージ・アンド・ショーン 井上氏

認知症患者の検索「bibble」
ブルートゥースを利用した見守りサービス。(現在、5000台出荷)
・兼業のメリットは?会社と個人がお互いを活用し合っている。お互いが成長していくことが大切。
・仲間集めは、経験を基に役割分担で声かけするのも重要だが、マインド、やる気のある人が集まると面白い。役割は、やる気があれば、個人個人が初めてでも動いていく。
・スタートアップ時は変化が激しいので、仲間との打ち合わせ時間を割くことが多く必要で重要な要素。

企業社員から起業家へ:アンデコ/イベント、ポップアップ 早川氏

・イベントの主催、企画。体感価値の創造。モノからコト消費へ。ハード系での起業は作り始めると辞めるのが大変なので注意が必要。
・会社員時代にやっておくと良い事
→住宅ローンは組んでおくのが良い。
→同じ会社の人よりは、営業先、取引先とのネットワークをつくっておくと良い。
・会社経営は、身体で覚えること。体感が必要。

(モデレーター)
ワークデザインラボ石川氏

ライト二ングトーク

高田氏/ISO26000とは?

社会的責任のガイダンスで、認証を目的としていない。起業にあたって知っているだけで良いのでは。

増原氏/Tennis Bear

テニスマッチングサービス/兼業

大人になるとテニスをやろうと思っても、なかなかできない。のが課題。
場所、コーチ、人のマッチングサービス。
テニスをモデルに野球、サッカー、バスケとスケールアップを狙っている。

川田氏/With Love

笑顔で働ける保育士をコーチング、コンサルティング
保育士として子供をお世話することはできるが、人材育成や運営の仕方を勉強する機会がない。ので、保育士を育てるのが目的。

芦沢氏/スキルノート

キャリアコンサルティング/兼業、個人事業主
キャリアの多様性を社会に広める。伝わる技術を社会に広める。

佐藤氏/HAMEEでの兼業IGNICTIONにて、ものづくり系スタートアップ支援

モバイルデバイスとの親和性が高いものづくりでの起業支援している。


皆様からの起活イベントに参加されたレポートを募集しています。
イベント検索は「イベント情報」ページから!

関連記事